タグ「iPad」が付けられているもの

ライブエフェクト EQ(イコライザー) スペアナ搭載のiPhone音楽プレーヤーアプリ iOS Colatplayer Music App v2.0 の新機能

バージョン2.0の新機能
1. iPad Pro / mini4 / Air2 Split View, Slide Over(マルチタスキング)対応
iOS9から搭載された新機能Split View, Slide Over(Multitasking)に対応しました
Colat Music Player V2 iPad mini 4 Multitasking SplitView

2. Apple Watch対応 (WatchOS2)
a.再生コントロール
ColatPlayer2 Apple Watch

b.簡単再生 (ランダム,履歴,再生回数より30曲を自動選択)(アートワーク部分をタッチ)
ColatPlayer2 Apple Watch Quick Select Random 30

c.DSP プリセットの選択, 簡易調整
ColatPlayer2 Apple Watch DSP Control

d.PEQ プリセットの選択, 簡易調整
ColatPlayer2 Apple Watch PEQ Control

3. ウィジェット(Today Extension)対応
Widgetから簡単曲選択を行い再生します
ColatPlayer v2 TodayExtension (Widget)

4.3D Touch対応 (iPhone6s,6sPlus)
アイコン強押しによるショートカットメニューからの簡単再生を行います。
ColatPlayer v2 3DTouch

5.アルバムアートの拡大表示
アルバムアートを拡大して表示できるようになりました。
Colat Music Player V2 iPad Pro Multitasking SplitView

6.Styleカラーの追加
Styleで選択できるカラーが追加されました。
ColatPlayer v2 W-Pink

7. DSPプリセットの追加
Watchから簡単に設定が変更出来るようにプリセット機能が追加されました


8. PEQプリセットの追加
Watchから簡単に設定が変更出来るようにプリセット機能が追加されました


9. スリープタイマー
スリープタイマー機能が追加されました
Colat Music Player V2 iPad Multitasking SplitView
Colat Music Player V2 Sleep Timer

ダウンロードはこちら
音楽プレーヤー ColatPlayer (コラットプレーヤ,コラプレ) - ライブエフェクト/イコライザ/スペアナアプリー

動画はこちら


Colatplayer (コラプレ) v1.5で追加された機能についてはこちら
ライブエフェクト EQ(イコライザー) スペアナ搭載のiPhone音楽プレーヤーアプリ Colatplayer v1.5 の新機能

バージョン1.5の新機能
1. ステレオ スペクトラムアナライザー(スペアナ)ピークホールド付き ・レベルメータ
昔のバブルコンポに付いていたスペアナを再現
colatplayer v1.5

2. iPhone6 Plus Landscapeモード対応(横向き)
iPhone6 Plus Landscapeモードに対応、横向きのまま使えます。 colatplayer v1.5
colatplayer v1.5 iPhone6 Plus Landscape

3. デザイン(壁紙)の選択機能
簡単に壁紙選択や、色の変更が可能になりました。
colatplayer v1.5 StyleSelect

4. Facebook,twitter,LINEへ現在再生中の曲を投稿する機能
現在聴いてる曲の情報をソーシャル投稿共有 nowplaying
colatplayer v1.5 Share

5. iOS8バグ修正 Swipeで簡単に選曲可能な機能のiOS8での不具合修正
iOS8でスワイプで簡単に曲選択可能な機能のレイアウトが崩れていました。
修正長らくお待たせしました。
ColatPlayer Swip Add Playlist

ダウンロードはこちら
音楽プレーヤー ColatPlayer (コラットプレーヤ,コラプレ) - ライブエフェクト/イコライザ/スペアナアプリー

動画はこちら
cocos2dのテンプレートをiPadで動かしてみる。
(*既存のプロジェクトをiPad化する方法を試しただけ
これでよいのかは分からないです)

1. ターゲットの右クリックを行い現在のターゲットをiPad用にアップグレードを選
iPad_U1

2. ユニバーサルアプリにするか選択する
iPad_U2

3. ユニバーサルアプリを指定
iPad_U3

4. 選べるターゲットを増やす
iPad_U4

5. iPhoneシュミレータで動かす
iPad_U5

iPad_U6

6. iPadシュミレータで動かす
iPad_U7
iPad_U8

*エミュレータのCPU負荷が高いのでこの方法が合っているのか不明。。。汗

参考にさせていただいたサイト :
iPad Template
iPhone アプリを iPad 対応にする方法(プログラミング編)
iPad simulator bad performanc