タグ「ruby」が付けられているもの

Q. ubuntu9.10にredmineをpassenger経由で動かす

# apt-get install libapache2-mod-passenger
を行うと
以下のパッケージは「削除」されます:
 apache2-mpm-prefork libapache2-mod-php5
以下のパッケージが新たにインストールされます:
 apache2-mpm-worker libapache2-mod-passenger
preforkのapacheとphpが消され、workerのapacheとmod-passengerの
組み合わせで再インストールさせてしまう様なので手動でinstallする事にします。
ubuntu_passenger

1. 事前に redmineユーザ(必要なら)とmysqlのユーザとmysqlにredmineのデータベースを作成しておきます

2. passengerをインストールする時に必要なライブラリーやコマンドをaptで インストールしておきます
# apt-get install apache2-prefork-dev


3. passengerをインストール
# gem install passenger
を行います
  LoadModule passenger_module /var/lib/gems/1.8/gems/passenger-2.2.9/ext/apache2/mod_passenger.so
  PassengerRoot /var/lib/gems/1.8/gems/passenger-2.2.9
  PassengerRuby /usr/bin/ruby1.8
インストール途中に上記の様な表示がされるので
メモっておきます。
4. apacheにmod_passengerを読み込む設定をします
ubuntuなので/etc/apache2/mods-availableにpassenger.loadとpassenger.confを作成し
/etc/apache2/mods-enable にシンボリックリンクを貼る方法で設定します
passengerのインストール時にメモした内容を記述します。

passenger.load
LoadModule passenger_module /var/lib/gems/1.8/gems/passenger-2.2.9/ext/apache2/mod_passenger.so

passenger.conf
<IfModule mod_passenger.c>
   PassengerRoot /var/lib/gems/1.8/gems/passenger-2.2.9
   PassengerRuby /usr/bin/ruby1.8
</IfModule>

5. redmineのソースを持ってくる
Redmine.JPのダウンロードページから落としてきます。
今回はsvnのリポジトリから落としてきました。
# cd /home/redmine/
# svn co http://redmine.rubyforge.org/svn/branches/0.9-stable redmine-0.9
# chown -R redmine:redmine redmine-0.9

6. virtual domainで確認できるようにapacheを設定します
他のコンテンツを動かしているので
DocumentRootは /home/www/htdocs/ に設定し
/redmineとアクセスがあった場合のにpassenger経由でredmineがみれるように設定します。

# cd /home/www/htdocs/
# ln -s /home/redmine/redmine-0.9/public redmine

<VirtualHost *:80>
    ServerAdmin max-test@de4u.net
    ServerName test.de4u.net

    DocumentRoot /home/www/htdocs/

    <Directory /home/www/htdocs/>
        AddHandler cgi-script .cgi
        Options All +ExecCGI
        AllowOverride none
        DirectoryIndex index.html
        Order allow,deny
        allow from all
    </Directory>

    RailsBaseURI /redmine

    <Location "/redmine">
       <IfModule mod_passenger.c>
               PassengerAppRoot /home/redmine/redmine-0.9
               RailsEnv production
       </IfModule>
    </Location>
</VirtualHost>
apacheを再起動して設定を読み込み直します。

7. redmineの初期設定を行う
mysqlの設定を行います
databaseの初期設定ファイルがあるのでコピーします。
# /home/redmine/redmine-0.9/config
# cp database.yml.example database.yml

今回はproductionしか使わないので以下のように記載します
production:
  adapter: mysql
  database: redmine
  host: localhost
  username: MYSQL_USER
  password: MYSQL_PASSWORD
  encoding: utf8

DBを初期化します
$ rake db:migrate RAILS_ENV=production

session系のエラーがでたら
# rake config/initializers/session_store.rb
を試してみてください
mysqlのドライバがないと言われたら
# gem install mysql
を試してみてください
必要ならメール送信の設定を行ってください
以下を行って完了です。
# rake load_default_data RAILS_ENV=production
# touch tmp/restart.txt

8. ログインを行いID,PASSを変更
初期のユーザアカウントは以下のようになります。
ログインを行い必ずアカウント情報を変更しましょう。
ID: admin
PASS: admin

参考サイト:
Redmineのインストール
thx Mさん
cd ${Redmine_ROOT}; rake redmine:fetch_changesets RAILS_ENV=production
もしくは、
ruby ${Redmine_ROOT}/script/runner "Repository.fetch_changesets" -e production
をcronで定期的に実行する


参考サイト:
「リポジトリ」を開くまでSubversion等のリポジトリへのコミットが「活動」に表示されません